副交感神経に感謝する

上野淳 2013.12.03

from上野淳

突然ですが、
夫婦喧嘩ってしたことあります?

結婚していない人は
彼氏彼女とでもかまいません。

そのときの原因を覚えていますか?

はい。
僕も身に覚えがたくさんあります。

○○だったり、
●○だったり、
●●だったり、、汗

色々原因がありますね。

でも、一番の原因ってなんでしょう??

ひもといていくと、
それは

【反応】

なのではないでしょうか?


相手の反応が薄い…
反応がない…
無視された…
なぐさめて欲しいのに説教された…
ねぎらって欲しいのに文句言われた…
グチを聞いて欲しかっただけなのに、助言された…
何も言ってくれなかった…
自分に関心をもってくれない…

こんなとき人は
「カチーーン」ときたり、
「もやもや」っとした感情が残りますよね。

それがたまりにたまって、、
ある日些細なキッカケで決壊する。

そんなパターンって多くないですか?

僕は完全にこのパターンですね。
そして彼女にキレられます。。泣

そうはいっても、
毎日仕事は忙しいし、
家事が忙しいし、、
とくに新しい話もないし、、、

orz

そんなこんなで、身近な人に対する
「反応」
がどんどん減っている人が、多いんじゃないでしょうか?

そしてそれは奥さんやご主人だけじゃなく
自分自身にたいしても…?

【あなたのカラダの声に気づいてる?】

あなたの身体は、
60兆個の細胞で出来ていますよね。

ひとつひとつの細胞が集まって
「心」
が作られます。

それらが
「内臓」や「筋肉」などの
チームをつくり、

そしてチームが連携しながら、みんなで
「あなた」
を動かしています。

そして毎日毎日、
彼らはあなたに対して、
メッセージを発しています。

チームはご主人様が良いコトをすれば喜んでくれるし、
逆に変なものを食べたり、寝不足だったりすれば
悲鳴やSOSをあげたりしますよね。

実はカラダはいたるところから、
そう言うメッセージを発しているんですよ。

ほら、
しっかりカラダの声に耳を澄ませば
聞こえてきません?

でも、ほとんどの人は
そんなことに気づかない。
意識しない。

自分の膵臓や副腎について、
今日何回考えました?
土踏まずを何回意識して歩きました??

たぶん自分のカラダのことについて
考えてる時間など、
1日の10%もないでしょ?

【ちゃんと反応してあげてる??】

あなたの心は
あなたの細胞がひとつひとつ集まって、
作られています。

その声を無視するとどうなる…??

夫婦や彼女に置き換えてみましょう。

仕事の忙しさにかまけて、、
反応してあげないで、
ほったらかしにしておくと…

1日に一回もメールも電話も会話もせず、
考える時間をとってあげなかったら、、
そんな日が何日か続いたら、、、

爆発する気がしませんか?
離婚届を出されちゃうかもしれません。。

カラダに置き換えると、、
もっと怖いですね!
そういうことです。

あなたのカラダには
たくさんの筋肉
たくさんの臓器
たくさんの細胞がいます。

あなたはそんな、、
あなたチームのみんなに感謝とねぎらいを
毎日与えていますか?

患者さんはみなさん、
色んな症状をもって来院されます。

平たくいうと症状とは
患者さん自身が、
その症状を起こしている場所に対する

「ねぎらい」
「感謝」

が足りていなかった、ということです。
患者さん自身がほったらかしにしたせいです。

だから爆発して、
三行半を突きつけられてしまった、
ってことです。

毎日毎日、ほんのちょっとずつでも
感謝して、ねぎらって、喜ぶよう接してあげていたら、、
こんなことにはならなかったのに。。

奥さんに高いものを買い与えるより
「ねぎらい」や「感謝」を与えることの方が、
よほど夫婦関係上手くいきますよね?

ねぎらった次の日、
いきなりお弁当作ってくれたり、
夕食のおかずが増えたり、、
くりくり働いてくれたりしますよね?笑

カラダも同じです。

パートナーに、彼女に接するように、毎日カラダの声に耳を傾け、
ねぎらいと感謝をもって
接してあげる。

そして、チームのみんなが
【喜ぶ】
ように日々行動する。

それこそが本当の意味での

【自然治癒力】

なのではないでしょうか?

僕のメンターは
「肺がん」
だったのですが、

今ではそれを見事に克服されて、
本当にパワフルに活動していらっしゃいます。

どのくらいかというと、
あなたのフルMAX以上のテンションで、

「1日6時間以上×3日間ぶっ続けの合宿セミナー」

をやってしまうくらい。。
ある意味人間じゃありません笑

さらにそれを克服しただけでなく、
今、圧倒的に若返っています。
49歳にして本当に30代半ばくらいにしかみえません。。

その秘訣は?
とお聞きしたところ、
ヒミツは、、

【副交感神経に、感謝して生きる】

ことだと、教えてくれました。

これは僕たちにも大切な気づきを
与えてくれるかもしれませんね。

あなたはどう?

毎日あなたの気づかないところで、
意識にのぼらないところで、、
ずっとがんばってくれている「みんな」に感謝して
ねぎらってあげてる?

患者さんが知らない、
カラダが発しているSOSやメッセージを、
患者さん自身にちゃんと教えて、
ちゃんとその声に気づかせてあげてる??

PS
僕は施術中、

【TL】

という技術を
よく使います。

これは患者さんに
患者さん自身のカラダで、
カラダの声をわかってもらうために行います。

僕の仕事は患者さん自身が
その疲れたチームをねぎらってあげられるよう
導いてあげるだけ。

そしてほんの少し、
患者さん自身の自然治癒力のお手伝いをするだけ。

そんな想いで施術をしています。
そうすることで、
驚くほど結果が安定してついてくるようになりました。

あなたは患者さんを
あなたの力「だけ」で治そうとしていませんか?

あなたの施術は、もし毎日1時間もやったとしても
患者さんの人生のなかのたった「1/24」にすぎません。

一週間に一回来てくれる患者さんですら
あなたの施術はその一週間のたった、「1/168」です。

それなら、
患者さんとずっと一緒にいる細胞たち、
患者さん自身にその疲れたチームをねぎらってもらう、、
そんな発想をもったほうがいい

そうして僕はこの
【TL】
に出会い、磨きました。

あなたも患者さんのカラダと
もっと対話したい?

そのための技術を
ここでならお伝えすることが出来ます。

PPS
技術よりも経営を!とお考えなら
日曜日に公開するこのセミナーもオススメします。