地元ラブのすすめ

上野淳 2015.02.24

from上野淳

僕が住んでいる東京の荻窪駅は
北口と南口に分かれていて、
それぞれに繁華街と住宅地があります。

でもどっちかというと、
南口の方がオシャレで
美味しい飲食店が多い気がする…

ラーメン、
カレー、
カフェ、
パン屋さん、、

結構ね、、
レベル高いんですよ、これが…
アイラブ荻窪!!
(まだ1年だけど笑)

僕のようなヨソ者はまず
「荻窪ウォーカー」読んで、
「食べログ」みて、、

つまり
地域情報誌やホームページで
街の情報を集めることが多いんですよね。

ちなみに家は北口側なので、
毎日通る道に何のお店があるかは
なんとなく把握しているけど、

それにも傾向があって、
それは、
「入口」
が明確なものばかり。
まわりと比べて看板が印象的、とかね。

なぜか通り道にある店って
頻繁に通っちゃうんですよね、、
とくに好きじゃなくても(失礼

夜遅かったりすると特に、、

本当は南口側の店の方が、
好きな店が多いんですが。。

でも、さっきも雑誌を見ていて、

「マジか!
 ここにこんな店ココにあったのか!」

というような発見が
いつもの通り道にあったり、

ポスティングに入っていたチラシが
偶然目にとまって、
その場所をみて、

「あ、ココ近い、、
 今度いってみようかな、、
 どんな店かスマホでみてみよ」

「お、安い!あでも今だけか、、
 今度パンフレットでも貰いにいくか」

なんて無意識に、
自分の住んでいる地域の情報を
集めています。


通りがかり

雑誌とかフリーペーパー(地域モノ)

食べログ

毎日の通勤

チラシ

スマホ検索


はっ
これってマーケティングだ(笑

【地元ラブ】

なんでこんなことを書いたかというと、

たとえば、、

・30代男性
・一人暮らし
・荻窪駅北口周辺に住む
・勤務地は新宿
・通勤路は青梅街道沿いの歩道
・一年前に引っ越してきた

これが僕のステータス。
言い換えれば
「見込み客像(ペルソナ)」
なわけ。

仮にあなたの院にこんなお客が多いなら、
あなたの院はマーケットから

「こんな人が来やすい店になっている」

ことを教えてもらってるということ。

その結果があなたの狙いからズレていなければ、
または売上がしっかり立っているならば、
よく来ている人を「ターゲット」にしてみましょう。

ちなみに仮に
僕のような「お客さん像」をターゲットにする場合、
どこに、どんな広告を出したら良いか、、、

なんとなくわかったでしょ?

ターゲットから分析すると、、

①通勤路で目にとまる看板
②入口をわかりやすくしておくこと
③パンフレットなど置いて何の店かわかりやすくする
④手元に長く残りそうな地域情報紙に広告掲載
⑤チラシにわかりやすい地図、住所や場所の解説を載せる
⑥ポータルサイトに掲載
⑦何の店か説明するホームページ、スマホサイトの作成

こんな要素が、
僕をお店に引っ張り込む要素なわけ。

飲食店なら、、

・美味しそう
・ここはいい感じ!

だけでなく、

・いつもの通り道
・近い
・場所が分かりやすい

というような要素が
非常に重要なことが
わかるでしょ?

「看板のデザイン」
とか
「ブラックボード置く置かない」
とかじゃなく、、

「何の店?」
「入口どこ?」
「いつもの通勤途中に通えたらいいな…」

これら
「わかりやすさ」や「いつもの」
といったポイントが重要!

さてさて、、
ということは、

・通りがかり
・オンライン(HP、ポータルサイトなど)
・オフライン(地域情報誌、チラシなど)

この集客って、
とても重要ということが
おわかりいただけると思います。

ホームページは
必要な情報、あなたが伝えたい情報を
たくさん掲載することが出来ます。

だから、
患者さんの質が良いことが多い。
(読んでさえいれば、だけど)

かなり遠くからも
来てくれるケースも
あったりするでしょう。

でも、
問題が解決したら
来なくなる可能性も高い。

僕の大好きなカレー屋である
荻窪の「トマト」になかなか行かない理由は

「南口側でちょっと遠い」

から。。

たったこれだけの理由でも
お客さんの足は遠のくものです。

だから通りすがり客、
もっというと

「普段から通りすがっている客」

の集客って、
とってもリピートの質がいい、
ということがおわかりいただけると思います。

院の前に看板が置けない??
んーー
その解消法はまた後日のメルマガで(笑

とにかくあなたの院の場所を
知らせるアイテムを増やしましょう。

さらにポスティングするべき場所、
折込を打つべきエリア、
広告打つべき媒体、、

これらもなんとなく見えてきませんか?

クチコミの拠点、
紹介カードを置いてもらうお店選びなんかもそう。

通りすがり、
オンライン、
オフライン、、

そんなのが重要なのはもう知ってるよ!
と思われるかもしれませんが、

ここを「戦略的に」、
かつ「日常的に」運用している人ってごくごく少数。。

まずはあなたの「ターゲット」を決めること。
そしてその「リサーチ」がとっても重要。

ターゲットがどういう人で、
毎日どういう動きをしているか、
しっかりリサーチすること。

ターゲットは、
あなたの院にたくさん来ているタイプ、
またはあなたが来て欲しいお客さんを
イメージすると良いでしょう。

これらをしっかりイメージすると、
闇雲集客ではなく、
ぐっとやりやすくなりますよ。

本当に良い物を提供しているなら、
お客さんが「知らない」ことがもっとも罪。

あなたも試してみてくださいね。

ps
自費に「移行」も
闇雲にやるより
「ターゲット」選びが重要…


誰からやるか?
そんなポイントにも
注目してみてみてください。