院長ヤメると売上が上がる

上野淳 2015.01.13

from上野淳

不労所得。

いわゆる、
「労働」をしなくても
入ってくるお金、のこと。

この言葉を聞いて、
あなたはどう思う?

僕は、、

あやしい…
とか
なんか悪いことしてるのでは?
と思ってしまう。。

んー、、ネガティブ(笑

働いてないのに、
お金が入ってくる。

ホントだったら
素敵なことですよね!

でも本来お金は
汗水たらして働いて、
その分だけもらうものだ!

そう言った教育を、
ほとんどの日本人は
受けていますよね。

僕もそう。

 労働=時間
ーーーーーーー

この考え方が、
ほとんどの人には
骨の髄まで染み付いています。

それは開業していても、同じ。

だから、
ひたすらがんばる。
人数こなす。

でも、
売上は思ったほど上がらない、、

だから、
もっと!
もっと!!


あれ?
スタッフはヒマそう…

もっとちゃんとやれ!
リピート率をあげろ!
深夜まで技術の勉強会だ!

で、スタッフも疲弊する。。。

気がつけば、
スタッフが少なくなり、
あなたは また忙しくなる。

ある日ふと、
気がつきます。

「自分が倒れたら、
 どうなるのだろう…」

「事故したら
 どうなるのだろう…」

さあ、
あなたも不労所得の仕組みづくり、
はじめてみませんか?

【院長を辞めてみよう!】
ーーーーーーーーーーーー

不労所得の仕組みは
たくさんあるけれど、
治療家でもできる簡単で確実な仕組み。

それが、
「スタッフに任せる」
こと。

「スタッフが稼いでくれる」
そんな形をつくること。

もし あなたが「院長」で、
患者さんはたくさんファン化していて、

「自分は忙しいけど、
 スタッフの売上はイマイチ上がらない…」

そんなお悩みがあるのなら、
今すぐ「院長」を辞めてしまいましょう。

そして、
売上が上がっていないスタッフ、
もしくは上げさせたいスタッフに
「院長」の肩書きを与えてしまいましょう。

ホームページも書き換えましょう。

メインの写真を
あなたからその子に
差し替えましょう。

院内のツールや看板、
小物類も可能な限り
その子を前面に押し出しましょう。

そして、
新規の患者さんは全て、
任せましょう。

売上が落ちたらどうすんだ?

それであなたの売上が落ちることは
ほとんどないはず。

だって、
あなたには今までのファン患者さんがいるのだから。
そこからのクチコミ患者さんがいるのだから。

あなたは
既存の患者さんと
クチコミだけ診るようにしましょう。

そして、
常連にはこう言いましょう。

「あいつはここが凄い」
「彼は○○をがんばっている」
「こんなに良い奴で…」

言い続けましょう。

さて、
どうなっていくと思います?

新規患者さんは、
彼を院長と思っています。
彼に診てもらうことを目的に来ます。
院内のイチスタッフに診てもらうのとはワケが違います。

だから、
より真剣に
話を聞いてくれるでしょう。

本人も、
環境が変われば身が引き締まります。

それまでよりも、
間違いなくがんばってくれるでしょう。
院長にふさわしい責任ある行動をとろうとするでしょう。

常連は、
あなたから常に彼の良い所を聞いています。

あなたに飽きていたら(笑
そんな良い彼なら話してみたい、と思うでしょう?

彼からしたら、
院長の常連とはじめて話すのに
はじめての感じじゃない。

なんか話しやすい。
しかもホメられる、、
悪い気なんてしませんね。

院長不在のとき、

「え?今日先生なの?」

といわれて施術に入るのと、

「あ~~先生が、あの(笑)」

みたいにいわれて施術に入るのでは、
どう違いますか?

ちなみに治療家が
患者さんに言われて嫌なセリフ
TOP3。※ウエノ調べ

「まだ痛い」
「金返せ」
「先生変えて」

この「先生変えて」
これがホント、辛い。。
わかってもらえますよね?

これを無くしてあげるだけで、
彼はくりくり働きます。

そして彼はそんな環境をくれた
あなたに感謝します。
潜在的に。

常連さんは、
「あの先生でも良いよ」って人と
「やっぱり先生じゃなきゃ」って人に分かれるけど

あなたの負担は
確実に減っていきます。

だれも傷つかずに。

あ、
ひとり。

あなたは正直、

「なんだよ、、、
 この人俺じゃなくてもいいのか」

とか

「俺が院長辞めたら売り上げ上がったら
 どうしよう…?俺の立場は?」

と傷つくかも(笑

僕はそこに不安がありました。
そして、
予想通りにそうなりました(苦笑

でも、
手数は減って
全体の売上が上がる。

残った患者さんは、
「やっぱり先生じゃなきゃ」
という強烈なファン患者さんのみ。

仕事、
超楽しい。

求めていたものは、
本来その形。

これも不労所得の一種。

不労所得とは、
「働かないで得る所得」ではなく、

「働かなくてもすむ様な仕組みを作るために働いた結果、得る所得」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

さあ!
思いきって「院長」をヤメてみよう!

院長を辞めて、
彼が売上を上げてくれる様になるまでは働こう!!

そうすれば、
あなたも不労所得者の仲間入りできるはず。

ps
まずあなたはこれをみて、
彼のために新規を集めてあげましょう。