集客、楽しんでる?

上野淳 2015.01.20

from上野淳

最近いろいろな

「集客ツール」

について、
あらためて勉強しています。

集客ツールって
ホント色々ありますよね~~

チラシ
ポスティングビラ
ホームページ
エキテン
看板
PPC広告
フリーペーパー
Facebook
LINE
地域の紹介コミニュティ
クチコミ
などなど…

どこのセミナー開場行っても、
どんな業種の人と話しても、
たいてい悩みは

・新規が欲しい!
・リピートしない。。
・コミニュケーション

こんな感じに
落ち着きますしね。

と、いうことは
この3つのノウハウを
しっかりお伝え出来れば、

ほとんどの治療家は
リッチで幸せになれる、
ということ。

なので、
集客ツールについて
いろいろ調べてるんですが、、

ありすぎて、
まとまらん!!

わかったことは、
ツールはツールで、
やっぱり手段。

イチから勉強するより、
応用出来るノウハウを持って
「運用」するべきもの。

なので、
集客ツールについて
書こうかと思ったけど、
やっぱりこれにします。

【集客ツールを使う上での3つのチェックポイント】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どんな集客ツールを使うときも同じ。
ココだけはチェックしなさい!

とけんこうラボのセミナーなんかで
僕が実際お伝えしているポイントを
今日は伝授します。

①【流れ】
ーーーーー

集客ツールには「流れ」があります。

たとえば、
いまほとんどの人は

なんかの情報

スマホで検索

目にとまる

電話

こんな感じで行動するでしょ?

ということは、
どんな集客ツールやっても良いけど、
検索してひっかかる

「スマホで見やすいホームページ」

これが【着地点】として重要。

昔ならこれが

ポストみる/毎朝新聞みる

目にとまる

だったから
「目にとまりやすいチラシやビラ」
でOKだったわけ。

でも今は、
そこにほぼワンクッション入る。
それが

「検索」。

だから検索に引っかかるHP
スマホでみやすいHP
重要。

でもこれが「手紙(DM)」だったら、、、

こんな風にいろいろな集客ツールの流れを読むこと。
その流れに「必要なもの」を作り込むこと。
これ、超重要。

②【3つの壁】
ーーーーーーー

流れにのるためには
3つの壁をクリアしましょう。

それが

・見ない
・信じない
・行動しない

という3つの壁。

・ん??なんだこれ?
・ホントか?!でも信じられそうだな、、
・電話してみるか。。

そう思わせられなければ、
どんなにがんばって作っても
チラシも看板もホームページもゴミ箱行き。

・見ない
 ←まずは目にとまるかどうか
・信じない
 ←ビフォーアフター写真/患者さんの声/あなたの顔写真など
・行動しない
 ←電話しようかなーどうしようかなーという人の背中を押すメリット

極端な例だけど、たとえば
もし電話するだけでも○○プレゼント!
とかなら電話しやすいような気がしない?

ここを作り込んでいるかが
勝負の分かれ道。

③【5W2H】

what:何のお店?
why:なぜあなたのお店がいいのか?
who:誰がやってる?どんな人が行ってる?
when:いつやってる?
where:どこで?電話番号は?メールは?HPは?

how:どんなことを?まずどうすればいい?
howmuch:で、いくらなの?

あなたの集客ツール、

この5W2H、

「わかりやすく」
「明確で」
「みた人が行きたくなるようなもの」

になってる?
というかそもそも、、
この5W2H、揃ってる??

「食べログ」なんかみてもわかるけど、
この5W2Hがちゃんと表現されてないと、
行くに行けないよね?

クチコミランキング上げることも重要だけど、

・5W2Hが集客ツール上にあること
・内容がしっかり表現されていること

これが超重要。

意外とね、
無い人多いんですよ。。

あっても、
地図、住所、電話番号、
スマホだと見えない人多いよ?
押しても反応しないこと多いよ?

これって①の【流れ】。
忘れないように。

さて、この①②③、

「そんなん知っとるわ!」的な
当たり前のことなんだけど、

まわりのホームページやチラシ、、
みてみて。

意外なくらい、
ちゃんとは出来ていなくないですか?

自分も…言ってるけど出来てねー(汗

ということは、

・自分で作るとなかなか気づけない

・誰かに作ってもらっても、
 チェックポイントが無いと気づけない

・他人のを見ると、気づく

とも言い換えられますね。

この3つのチェックポイントをもとに
あなたの作った集客ツールを
自分でも、そしてまわりの人にも、
この3つのポイントを渡してチェックしてもらってください。

そうすることで、
あなたは今後出てくる新たな集客ツールにも振り回されること無く、
上手にいろいろなツールを使えるようになりますよ。

まずは自分の店と、
まわりのライバル店から!
あなたもお試しあれ。

ps
今回集客ツールについて調べた結論。

着地点としても、
単独の集客ツールとしても
現状ではやはり新規集客は
これがなければ始まりませんね。