【ねたバレ】治療院コンサルのやり方 3つのポイント

上野淳 2016.03.21

s_check1

どうも!
上野です。

先々週から書いております
治療院コンサル
「ねたバレ」

マーケティングの3M
「メディア」の使い方 その2

その2が長くなってしまいました、、、

今週は

【オフライン】メディアをつかった集客方法です。

※オンラインの集客方法について知りたいと言う方は
 先週の僕のブログを読んでください
http://chiryoukarich.com/blog/ueno/clinic-consulting/

オフライン集客と言えば、、

そう「チラシ」ですね。

チラシはA4ペラ1が多いけど、
パンフレットとかリーフレット型とか、
はてはニュースレター型とか紹介カード形式とか、、

まぁ一口にチラシと言っても
形はいろいろあります。

「チラシ」ってどんな内容を書けばいいの??
というには次回【メッセージ】でお伝えするとして、

まず、
チラシはどうやったら相手の手元に届くのか?
ということを知っておく必要があります。

チラシを見込み客に届ける方法。
それがオフラインメディアです。

治療院系で有効なものは、大きく分けると5つ。

それが、、

・ポスティング
・新聞折込
・ハンディング
・店頭看板
・クチコミ

になります。

これらを使いこなすことが、オフラインメディアを制するカギ!
まずはひとつひとつ解説していきます。

【ポスティング】

これは都会、田舎問わず、
いまだにかなり有効な集客方法です。

スキマ時間やヒマなときに、自分自身ですぐ出来る集客法ですし、
狙ってる顧客層(戸建てか?マンションか?など)を選んでアプローチも出来ます。
まずは上手くいくパターンを見つけることです。

やりながら、
「こういうところに中心にポスティングすると反応いいぞ」

というスイートスポットを見つけたら、、
外注化も検討しましょう。
外注するときは的確に指示してあげる必要があるからです。

ポスティングは外注サービスも多く、
外注しても予算は1枚10円前後のため、
広告費をさける方なら毎月やることをおすすめします。

さらに、
「反応の高い」チラシを持ってさえいれば、
集客面がかなり楽になります。

1000枚ポスティングして、一人集客。

反応率は0.2%前後が基準

と言われていますので
まずはここを目指したチラシづくりをしましょう。

【新聞折込】

メディアとして下火になったとはいえ、
依然として使えるの媒体が、新聞の折り込み広告です。

とくに年齢層が上目の世代狙いなら、まだまだ有効です。
上手に活用しましょう。

新聞広告をうつタイミングとしては、
地域によって差があるかもしれませんが
「連休前一週間以内」や「週末ねらいの平日」などがいいようです。

大型連休限定の特典や割引なんかをつけて、
新聞広告をだすのもおススメです。

こちらもポスティング同様、
反応率は0.1から0.2%が基準になります。

反応率が下回っているようなら、

ターゲットの選定は間違っていないか?
折込むタイミングは適切か?
チラシのメッセージは適切か?
一緒に入っているチラシにデザインが埋もれていないか?

などをしっかりチェックしてみましょう。

【ハンディング】

都市部駅前や、商店街など往来の多い路面店などで
もっとも効果的な手法がハンディングです。
街角でよくみるティッシュ配り的なアレですね。

空いてる時間にすぐ出来、簡単です。

でも、なかなか出来ないっていう先生も多いですよね(苦笑
新人に任せて失敗した先生も多いのでは?

ハンディングも、ただ配るだけでなく、
こんなポイントを抑えて声かけしてみるといいですよ。

・遠くから見て何の店の人か?がわかるようにする
(ユニフォームや白衣で配る、手持ち看板に大きく「整体」と書く、など) 
・「17時まで半額ですよー」「いまだけ○○」などメリットがわかりやすいように声かけ
・通行人に対しナナメに入る
・ほんの少し並走する
・「店名」言うより「ありがとうございます」
・お願いします、よりも「ありがとうございます」
・もらってくれない人にも「ありがとうございます」
・目をみて笑顔で渡してあげる
・とにかく元気に!明るく!

ちなみに白衣の女子なら、5割増でもらってくれます(笑

外注化も出来るけど、
これらのポイントをしっかり伝えて、行動させること。
やる気ないバイトさんも、たくさんいますからねー。。

ほかにも、通行人だけでなく、

・行列に並んでいる人
・待ち合わせの人
・止まっているクルマ(スーパーとかショッピングモールとかね、、

などなど、、
立ち止まっている見込み客へのハンディングポイントってのも、
実はいろいろあります。

あなたの院の周辺環境にあわせて、探してみてね。

【店頭看板】

看板は、道行く人にあなたの院の存在を知らせる重要なアイテム!
「おやっ?」と目を引く工夫や色使いを心がけましょう。

一般的なもの以外で最近上手くいってるパターンは、、

・ブラックボード(日々内容が変わって「おやっ?」
・動画系の看板(動きがあって「おやっ?」
・のぼりやタペストリー(これも動きや内容に変化をだせる
・立体pop(いろんな形が作れます

などなど、、
あなたの院のテイストに合わせて、選んでみてくださいね。

看板を作る上で気をつけるべきポイントは、
あなたの院を

「一旦離れた位置から見てみる」こと。

想定される見込み客の動線から見てみましょう。

まわりの風景にとけ込んでいたら、NG。
何の店かわかりにくかったら、NG。
店までたどり着けなかったら、NG。

これらをクリアしてたら、
看板に、または看板の近くにしっかりチラシやパンフレットを実装しましょう!

さらに、、
それらのアイテムはどこにあるかわかりますか?
取り出しやすいですか?

しっかりチェックしていつでもキレイな状態のものを置いておきましょう。

【クチコミ集客】

オフライン最大のテーマは
いかにクチコミ集客を集めるか?といっても過言ではありません。

たくさんの方法があるけど、
簡単な方法をひとつ。。

それは、、

「ニュースレター」

あなたはいつも来ている患者さんに、
定期的にニュースレターを渡していますか?

ニュースレターは再来院を促すためだけでなく、
クチコミ集客にも非常に有効です。

ニュースレターでクチコミを起こすポイントは2つ。

それは、、、

・ニュースレターに「友達割」「家族割」をセットする
・ニュースレターにVIP患者さんやスピーカー患者さんとの記事を載せる

いま来ている患者さんにニュースレターを渡すメリットは、
持ち帰った人のまわりの人の目にも触れて、
あなたの院の情報が自動で拡散する、ということ。

さらにそこにあなたの友達や知り合いが載っていたら、
そのコミュニティ内で話題にのぼりやすい、ということ。

さらにさらに、、
もしあなたがよく行くお店のニュースレターに載ってたら、
なんかうれしくないですか?^^

ニュースレターに載せてあげるだけで、
患者さんはどんどんあなたのファンになっていきます。

なんとなく、、
クチコミが増えるメカニズムがわかりますか?

重要なポイントは「エンロールメント(患者さんの巻き込み)」です。

クチコミ対策は他にもたくさんあるけど、、
とんでもない文量になりそうなので
今日はこのへんで。。

興味がある人は直接連絡してくれればお教えします。

次回はマーケティングの最後、
「メッセージ」の書き方です。

これがわかると、
ホームページやチラシづくりがぐっと楽になりますよ。

お楽しみに!