【ねたバレ】治療院コンサルするときの3つのポイント

上野淳 2016.03.08

s_comparison1

どうも!
上野です。

最近、
ちょくちょくコンサルティング的なお仕事しながら、
ある日気づいたことがあります。

「あれ?
 どこに行っても自分、言ってること一緒じゃん。。」

そうなんです。
結局、どの治療院へ行こうが、
どんな業界のコンサルだろうが、

僕が伝えていることは
本質的には一緒なんです。

と、いうことで、
「ねたバレ」です(笑
みんなにシェアしちゃいます。

これがわかれば、マーケティング視点で
あなたの院をチェックすることも出来るし、
簡単なコンサル程度はだれでも出来ると思います。

これから3週にわたって、
その内容を公開していきますね。

さて、それでは、、、、

【3M】

やっぱりそれかよ、と思った人も多いのでは?(苦笑

でも、やっぱりこれに行き着きます。

知らない人のために…

・マーケット
・メディア
・メッセージ

この頭文字のMをとって
「3M」というマーケティング用語のことです。

とはいえ、
言葉は知っていても
「使い方」を知っている人が以外と少ないので、
シェアしていきますね。

明日から使えるマーケティングの3M
「マーケット」の使い方

「マーケットリサーチ」と言う言葉を聞いたことがありますか?

3M「マーケット」の使い方、
それはマーケットリサーチから、です。

まぁ簡単にいうと
「魚群探知機」&「ライバル対策」です。

【魚群探知機】

釣りをしている人ならわかると思うけど、
そもそも、魚のいないところで魚は釣れないよね?

治療院に置き換えると、
ターゲットのお客さんのいなそうな場所では
患者さん来ないよね?

地域名+施術名で検索の少ない地域や施術法では
ホームページからの集客は望めないし、

乗降者数の少ない駅や人通りが少ない場所では
店頭集客は難しいよね。

だからまず、
ターゲットにするお客さんにあわせて、
そもそも「魚」がいるかどうか、リサーチしましょう。

たとえば、
「キーワードプランナー」というGoogleの無料サービスを知っていますか?
https://adwords.google.co.jp/keywordplanner

これを使うと、
たとえばあなたの院のある「地域」+「整体」とかのキーワードで
月間どのくらい検索されているかの概算を調べることが出来ます。

仮にここで検索数が10件とかの場合、、、
そこでのホームページ集客は難しそう、ってのがすぐにわかるよね?

でも「一駅先の駅名」とか「近隣地域の地名」+「整体」だと数百件の検索数が!
なんてことは多々あります。

10件の魚群と
数百件の魚群、、、
広告出したらどっちが集客出来そう??

たとえば一駅先から来させたいような場合、
「タクシー代出します!」とかオファーをつけたら、どう?

足が悪い患者さんとか、
行きたいけど遠くて困っている人にとっても喜ばれそうですよね。

なにが言いたいかって言うと、

【そこにあなたのビジネスの見込み客がいるか?】

をまずしっかりリサーチすること。
そしてそのリサーチ結果に合わせて、戦略をたてること。

いまはGoogleという優秀な魚群探知機が、無料で使えます。
上手に活用しましょうね。

【ライバル対策】

マーケットリサーチで見込み客がいることがわかったら、
次に「ライバルリサーチ」をしましょう!

あなたのエリアにライバルがいるか、
オンラインなら検索したら1ページ目に何件でてくるか、、
徹底的に調べましょう。

・大したライバル不在なら、一人勝ちの可能性あり!
・ライバルがいるなら、全員に勝てる戦略をたてればOK!

ライバルがいなかったあなたは超ラッキー!
どんどん売上を上げてください^^

ライバルが多い地域は、ここからが勝負!
ライバル全員に勝つために、気合いを入れていきましょう!

結構、激戦区と言われる地域でも、
まだまだ大丈夫です。

たとえばオンラインでも、
だいたい「強い」ホームページは多くても4、5店程度です。

意外となんとかなりそうでしょ?

しかも強いところはすでに「新規いらない」
なんて院もあって更新サボっていたり、、(笑

だから、まずはあなたの院にとって
オンラインの「看板」になるホームページを
しっかり作り込みましょう!

ここで重要なのは、
自分でホームページ作ろう、とか考えないこと。
(元専門業者とか言う人は別ですが)

ポイント!
ライバルをなりそうな院をリサーチして、
その院のURLをすべてHP業者に渡して、

「ライバル【全員】に勝てるようなホームページを作ってください」

と依頼しましょう!

…乱暴?(笑

でも、これが一番確実ですよ。

ホームページ業者は、その意見を聞いてくれて(笑
コピーライティングができて、
あなたに対してヒアリングをしっかりしてくれるところを選んでください。

もちろん業者に丸投げでいいホームページは出来ませんので、、

ライバルが患者さんの声を5人載せていたら、10人集めましょう。
ビフォーアフター写真を5人載せていたら、10人集めましょう。

ライバルのホームページが謳っていない部分で、勝負しましょう。
あなたの院ならではの特徴を、ホームページで表現して差別化しましょう。

ライバルのホームページのヘッドコピーをすべて並べてみて、
あなたの院が一番見込み客にとって「魅力的」になるまでチェックしましょう。

ライバルに勝つために、
これくらいはあなた自身でもやる必要があります。
詳しくは3M「メッセージ」でも、お伝えしますね。

さて、
魚群がいて、
ライバルも上回るホームページを手に入れたら、

次は3M「メディア」です。
こちらは次回のメルマガで説明したいと思います。