【ねたバレ】治療院コンサルのやり方3つのポイント その2

上野淳 2016.03.15

s_interface1

どうも!
上野です。

それでは先週に引き続き、、

治療院コンサル「ねたバレ」その2

マーケティングの3M
「メディア」の使い方

こちらいってみましょう!

※なんのこっちゃ?と言う方は
先週の僕のブログを読んでください
http://chiryoukarich.com/blog/ueno/clinic-comparison/

「メディア」というのは、
マーケティングや広告のときに使う
インフラのようなモノです。

たとえば古くはTVや新聞、タウンページとか、、

いまではインターネットが一般的ですね。

お客さんは、
なにを使ってあなたの院や商品を探しますか?

治療院の売上をあげるコンサルの場合、
僕がチェックしている「メディア」は、おもに2つです。

【オンライン】【オフライン】のメディア

まず【オンライン】メディアから。

オンラインのメディア使用方法として、
僕がコンサル時にチェックしているのは、
大きく分けると以下の5つです。

・ホームページ
・PPC広告
・MEO対策
・SEO対策
・SNSやブログ

ネット上の見込み患者が、
オンラインからあなたの院を見つけるために
通ってくるメディアは、現在おもにこの5つです。

前回、3M【マーケット】の話のとき、

・ライバルがいなければラッキー!
・ライバルがいたら、勝てばいい!

という話をしました。

ライバルも、
これらの「メディア」を使って、院を広告しています。

てことは、

これらのメディアの使い方が、
あなたの院の売上をあげるカギということ。

まず、あなたはこれらを「すべて」やっていますか??
チェックしてみましょう。

【ホームページ】

あなたの院にとってインターネット上の「看板」になります。

エキテンなどのSEOに強いポータルサイト上に
あなたの院のページ持っている場合も同じ。

その「看板」はライバルと比べてどう見えていますか??
見込み患者はそれを見てどう思うと思いますか?

たとえばあなたの院の店頭看板が薄汚れていたり、
まわりと比べて埋もれて目立ってなかったら、なんとかしようとするでしょ?

でもホームページは、結構作ったら作りっぱなし、、
置いてある環境も気にしないチェックしない、、
ほったらかしな人が、なぜか多い。。

あなたの院のネット上の「看板」の良し悪しと、
その看板がおかれている「環境」は、
最低でも月一程度はしっかりチェックするようにしましょう。

【PPC広告】

GoogleやYahooの検索ページの1ページ目に出してくれるもの。
それがGoogleやYahooが提供する「PPC広告」です。
あなたの院のHPを、有料ですが「エエ位置」に表示してくれます。

広告価格が高くなったとか最近大幅な変更があったとはいえ、
あなたの院を見込み患者が見つけるために
まだまだ有効な施策であることは間違いないでしょう。

このPPC広告の良さは、

・お金をかければ簡単に上位表示が出来る
・金額の上限を設定でき、サイフに合わせて広告出来る

ということ。

「利益が出たら、広告に投資する」

この成功者の考えをオンラインで行うなら、
PPC広告ほど容易な方法はあまりないでしょう。

ホームページを作ったけどなにもしていない、、新規が来ない、、、
という人はやってみることを強くおすすめします。

【MEO対策】

「MEO」と言う言葉は聞き慣れないかもしれんが、

マップ・エンジン・オプティマイゼーション
(地図検索の最適化)の略です。

現在検索画面上では
PPC広告に次ぐポジションに表示されます。

Googleマップなどの地図にひもづいているから
店舗型ビジネスと非常に相性がよく、
近いところやエリアで店を探したい場合とても便利です。

上位表示され、しかもナンバリングもされるので、
MEOで1位がとれると非常にアクセスが多くなる、という傾向があります。

そんなとても効果が高い「MEO」ですが、
デメリットもあります。

それがSEO対策と同じで、
表示の有無や順位がコントロール出来ないこと、
そしてころころロジックが変わること、です。

専門性の高い分野ですので、
「信頼出来る業者」に頼むのが一番です。

「成果報酬」の業者も多く、
SEOに比べると価格も2、3万/月前後とまだまだ安めなので、
利益の投資効率は非常に高いと思います。

【SEO対策】

さて、、SEO対策ですね。
上位表示のための施策としておなじみですね。

いろんな業者がいますが、
まず言えるのは「基本」を知っておきましょう。

SEOの基本は、ホームページの「専門性」「信頼性」です。

ひとことで言えば「経験値」です。

一般的には、、

・ドメインの年齢
・更新頻度
・専門性の高いページ&キーワードの多さ

こんな風に言われています。

だから、

・古いホームページの方が有利
・しっかり更新されている「生きてる」ページが有利
・検索ワードがたくさん入っている専門性の高いページが有利

ということになりますね。

治療院なら、ブログ内蔵のホームページにして、
患者さんの声や施術や健康系の記事をどんどん上げて更新していく、
そしてそれを愚直に、長期間繰り返す。

これがSEO対策の原則であり基本であり、もっとも鉄板で安上がりな方法です。
そして逆にこれしか無いと言っても過言ではありません。

甘い言葉で5年リースをささやく、
SEO業者にだまされ、、お金払う前に、
基本が出来ているか?原則に則っているか?をチェックしましょう。

【SNS/ブログ】

SEO対策でも書きましたが、
ブログはあなた自身で行えるコストゼロのSEO対策です。

ちなみに見込み患者さんは結構行く前に店舗のブログを見たりしてます。
「ここに行ったら良くなりそう!」「行ってみたい!」と思わせるような
あなたの人柄と専門性が伝わるような記事を書いてください。

ポイントは「あなたの顔写真」と「症状名」、「整体」など
あなたのメインメニューのキーワードを必ず載せることです。

患者さんの声をとってどんどん上げていくのが一番簡単です。

患者さんの声のとり方は、僕の動画で勉強してください(笑

また客層によっては非常に効率がいいのが、
LINEやFacebook、TwitterなどのSNSです。

とくに予約制でやっている場合の空き時間の告知などは、
LINEやFacebookでグループを作って、積極的にしていくといいですね。

SNSは接触頻度が飛躍的にあがるので、
「忘れられる」ことを防止することが出来るのも大きなメリットです。

投稿によってはファン化を促進させることも出来ます。

最近はSNSとブログを連動させることが出来るし、
その投稿や記事をSEO対策として使うことも出来ます。

上手に利用しましょう。

ざっと説明しただけでも結構ボリューミーですね。。

こんなことを、コンサルでは実際にチェックしています。
経営や売上に悩んでいる先生で、これ全部やってるって人はまず99%いません。

逆に言えば、
これ全部やってたらそもそもコンサルなんて頼まなくても、上手くいってそうだよね(苦笑

さて、、

マーケティングの3M
「メディア」の使い方はこれで半分。

次回は【オフライン】メディアについて。
お伝えしていきます。