【ねたバレ】治療院コンサルのやり方3つのポイント その3

上野淳 2016.03.29

s_message1

どうも!
上野です。

さてさて、、
三週にわたってお届けしてきた、
僕のコンサル方法「ねたバレ」その3

今週はマーケティングの3M

「メッセージ」の書き方・チェックポイントです。

ホームページをつくるときも、
チラシをつくるときも、
意識しなければいけないことがあります。

それらはすべて、
あなたの発する、

【メッセージ】

だということ。

メッセージ(コピーともいう)は言いたいことだけを、
ただ闇雲に書いても伝わりません。
必ずチェックしなければいけないポイントがあります。

今日お伝えする4つのポイントについて、
あなたが発するメッセージはそれが満たされているか、
チェックしてみてください。

チェックポイント1
【5W2H】

このメルマガでも繰り返し言っていることですが、、

ほとんどのホームページでは、
これがクリアされていません。

5W2Hとは、、

what
why
who
where
when
how
howmuch

というチェックポイントのこと。
それぞれ簡単に言うと、、

what
何の店か?整体?マッサージ?鍼灸?など

why
どんな店か?なぜあなたの店でなければならないか?(差別化)

who
どんな人がやってる?どんな想いでやってる?どんな患者さんが行っている?など

where
どこにある?どうやって行く?迷わないか?駐車場はあるか?いけない場合は?など

when
いつやってる?いつまでやってる?いますぐ行けるか?限定、など

how
どんなことをやる?どのようにやる?まず(いま)私はどうすればいい?電話?メール?など

howmuch
で、いくら?なにか特典は?



こんな感じ。

それぞれ細かくいうとまだまだあるけど、
前のメルマガでも書いたから省略(笑

さて、あなたのホームページやチラシはどう?

たとえばホームページなら、
TOPページにこれらがすべて満たされていることが基本。
(これからのスマホ時代はとくにね)

チラシなら両面使って、
しっかりこれらの5W2Hの要素を入れてください。

集客できる、できないを言う前に、
まずこの最低限のチェックを忘れずしましょう。

チェックポイント2
【迷わせない】

あ、ここいいな!と思ったお店でも、

入口がわかりにくかったり、
メニューが多過ぎたりして、
やっぱやーめた、ってなった経験ありませんか?

これ、
非常に現代では多くなっています。
ネットショッピングなんかがいい例ですね。

結局わかりやすいAmazonや、
使い慣れてるサイトで買っちゃいますよね。

せっかく足を止めてくれたお客さんを、
迷わせて取りこぼさない工夫をしましょう。

そのために、徹底的に、

「明確さ」

を意識しましょう。

たとえば、
Webからの予約ならいくら¥円、
本日いくら¥円ポッキリ、

整体なら整体、
マッサージならマッサージ、

こんな感じ。

リピートしてくれた人に、
複雑なオーダーメイドメニューを提示するのはいいけど、

まだ信頼関係が出来てないうちは、

可能な限りシンプルにしてあげましょう。

なんちゃら指圧+なんちゃら整体+なんちゃら骨盤矯正
すべてあなたに合わせて組み合わせて、¥円です!



なんか、、ねぇ。。(苦笑

これ、
実際にコンサル先でもよく見かける光景です。

たしかに、、言いたいことはわかるけど、、
たくさんあったほうが良さそうってのもあるけど、、

お客さんにとってよくわからん資格や技術を
たくさん並べるより、

「指圧歴20年!指圧の神様○先生の最後の弟子です!」

とかって言った方が、わかりやすくない?
行ってみようかな、って気になるよね。

大切なのは、
「お客さんからみて」どうか。

あなたのメッセージは、
小学生が聞いてもわかるくらい、シンプルですか?

【ワンメッセージ・ワンアクション】

お客様への伝わり方が、
わかりやすく、シンプルかを、
常にチェックしてみてください。

チェックポイント3
【比較】

たとえば料金を自費にしたり、
「会員制」や「回数券」制にするところも
どんどん増えてきていますが、

上手くいっていないところに共通して言えること。
それは、、

「で、結局いくら得なのよ?」

ということが、お客様に伝わっていない、ということ。

わかりやすく伝える一番の方法は、

【通常はこう ⇆ こっちのコースだとこう】

というように、
比較して伝えることです。

さらに、

【結局いくら得!】
と「大きく」書くことです。

お客様の頭の中で
「比較」しやすいかどうか?

これがリピートやアップセル購入につながるメッセージのポイントです。

あなたのメッセージは、
比較していくら得か、がわかりやすいですか?
しっかりチェックしましょう。

チェックポイント4
【不安を消す】

あなたはホームページやチラシを使って、
「知らない人」へメッセージを出しますよね?

ということは、
そこで一番大事になってくるのは、

【不安を消してあげること】

です。

マズローの根源的欲求でもいっているように、
ひとはまず「安全・安心」を求めます。

治せるか?も、もちろん重要だけど、
そもそも安全そうじゃないとこには行きたくないでしょ?

あなたのホームページやチラシを全体的に見て、
安全で安心出来そうなテイストになっているか?

また、
周辺のライバルと比べても
もっとも安全安心できるか?

あなた自身はもちろん、
家族やターゲットに近い層の人にチェックしてもらいましょう。

「どうすれば、もっと安心してもらえそう?」
って聞いてみてください。

患者さんの声や、
患者さんとの2ショット写真、
あなた自身のプロフィール写真や店舗写真など、、

これらが重要になってくることが
なんとなくおわかりいただけますよね。

声のとり方、写真のとり方、
口下手でも笑顔を引き出す写真撮影テクなんかは
過去の僕の動画を参考にどうぞ^^

あなたのメッセージからは、
「不安」は漂っていないか?

これもしっかりチェックしてみてください。

さてさて、、

これまで4回にわたって
僕のコンサル方法のネタばらしをしてきました。

ウチの経営もこれにのっとってやってますし、
どこにコンサルに行っても結局こればっかり喋ってて、
なんかもう面倒なので(笑

今回シェアしてみました。

これからのあなたの院の売上UPに、
少しでもお役に立てれば幸いです^^

先週までのブログをまだご覧になっていない方はこちらからどうぞ。
↓ ↓

【ねたバレ】コンサル方法
3Mの使い方

その1:マーケット
http://chiryoukarich.com/blog/ueno/clinic-comparison/
その2:メディア
(オンライン)
http://chiryoukarich.com/blog/ueno/clinic-consulting/
(オフライン)
http://chiryoukarich.com/blog/ueno/clinic-3point/

上野でした!
またどこかでお会いしましょう^^