重ねることで伝わるモノ

上野淳 2015.11.17

s_convey

「家族や友達と一緒に
 来てみてください。
 そしたら、もっと良くわかりますよ?」

どうも!
上野です。

冒頭のこれは、
僕が患者さんに
よく言っているメッセージです。

なんのため?

うーーん、
何のためだろう?笑

技術は、
説明ばっかりだと、
わかりにくいから、

相手の身体をお互い触ってもらって、
実際に僕と同じ目線で整体を
手っ取り早く体感してもらうため?

…それもある。

ビフォーアフターを
お互いに楽しんでもらう、
エンタメ的な?

…それもあります。

ビフォーアフターを
体感出来ない人用の
リスクヘッジ?
(ダンナさんがわからなくても
 奥さんはわかって喜ぶ!みたいな…

あー…
それもあるかも。。

とにかくまぁ、
いろいろ理由はあるけど、
結果として起きたことは、、、

【クチコミとファンの増加】

ーーーーーーーーーーーーー

たぶん一番のメリットは、
これ。

もともと、

同じことを何度も説明するのは面倒だから、
友達や家族、、
何人かまとめて説明できないかな?とか

一緒にきゃーきゃー喜んでくれたら
嬉しいな!とか

そんな想いから、
数人まとめて施術する方法を
常に考えていました。

そうすれば、
たくさんの人を診れるしね!

これを実践してったら、
結果的に起きたことは、

「クチコミ新規の増加」

「クチコミしてくれた人のファン化」

です。

要は、
患者さんが友達や家族に
一緒に行こうよ、と

「紹介しやすくなる」。

施術者側を体験させることで、

「良さがさらに良くわかる」せい。

あ、
僕は必ず、
一緒に来た人の手を借りて、

【手を重ねて体感させてあげる】

ことをします。

たとえば、
ここが固い、ここが動き悪い、
そんなとこを見つけたら、、

一緒に来た人にもそこを触らせて、
手を重ねながら、それを教えてあげます。

僕がなにをみて、
そう感じているのかを教えてあげるんですね。

こうすることで、
一緒に来た人は、
一時的に「整体師感覚」を味わえるわけ。

施術自体も
手を重ねたまま
やっちゃうこともしばしば。
(枕使うときなんかはとくに)

そうすると、
みるみるゆるんでいくのがわかるから、
ますます喜んでくれたりする。

…ね?
なんかこっちも嬉しいでしょ??

だから、
楽しくなっちゃう。

だからそれを繰り返していたら、
クチコミが勝手に、、、

1人から、
家族
友達、
職場の同僚などなど、、

ってな具合に。

それに、
手を重ねて体験体感させてあげると、、
実際に家や職場、学校で話してくれる率も上がります。

やっぱり、
手を通じて体感すると感動が違うのかなー

こうなると、
あなたへの「ファン化」が加速します。

「手を重ねる」ことは
患者さんとの距離を
一気に縮めてくれるのかも。。。

治療家なら、

あなたの手は「武器」。「商品」。

そして、
あなたそのもの。
技術も自信も、手から伝わります。

そもそも商品は、
「手に取って」
選びたいものでしょ?

患者さんも、
たぶんそう。

だから、
あなたという商品を
手に取らせてあげよう。

手を重ねて、
あなたが与えてあげられる価値や感動を
もっとダイレクトに伝えてみよう。

きっと、
いいことがありますよ?

PS
よく「アウトプット」が
学習を加速させるって言うけど、

患者さんに
「教える」

手を重ねて、
「教える」
「伝える」

これも立派な技術のアウトプット。
今すぐにでも出来るアウトプット。
しかもみるみる売上の上がるアウトプット。

これ以上のアウトプットって、
無いと思わない?