経営で確実に結果を出し続ける4ステップ

管理人 2015.11.25

thumbnail6

治療院経営でもっと成果を出したい。スタッフ教育をマニュアルしたい。
そう思ったことはありませんか?
経営においても患者さんの対応やスタッフ教育においても

成果を出すために大切な要素として「PDCA」というものがあります。

ここでは治療院経営におけるPDCAについて解説をしていきます。

PDCAとは何か?その意味から見ていくと次のようになります。

P・・・Plan:計画
D・・・Do:実行
C・・・Check:評価
A・・・Action:改善

この4つの要素をP→D→C→A→P→D→C→A→P・・・
このようにグルグルと繰り返していくことが経営をする上で、
欠かすことができない行動となってきます。それでは1つづつ見ていきましょう。

Plan:計画

大抵の場合、何をするにも計画を立てることから始まります。
現状を把握し今の状態で何が必要かを見つけそれに対しての解決策を出す。
その改善策が計画になってきます。
計画を立てる際にはゴールも明確にしておくことが大切になります。

Do:実行

計画を実際に実行する段階がここになります。

Check:評価

実際に行動してみた結果をフィードバックして結果に対して評価をする段階です。
評価の基準となるのは計画段階で出したゴールと見比べていきます。

Action:改善

評価をしたものを改善していきます。

こうした流れをグルグルと回すことがより大きな成果を出していく為に重要になります。
こうした流れをPDCAサイクルと呼びます。
実際に治療院経営に置き換えたケースについて動画で解説をしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
注意1:1:16~1:55までの間、音声が切れてしまっております。
その間の内容は同ページに記載をしている内容になります。
注意2:1:55・4:47~4:55・5:41の時間で破裂音のような音が入っております。
    急に大きな音がなるのでお気をつけください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓下記、画像をクリックすると動画を再生します。