治療院経営で危険な売上の作り方

管理人 2015.12.01

thumbnail9

あなたの治療院はいくつの売上柱がありますか?
売上を上げたい。もっと患者さんに健康を提供したい。
そうした悩み問題に対しての解決策をご紹介していきます。

治療院の売上を上げる為には、

今現状の「売上の構成」を知ることが重要です。

治療院の売上は一体何で作られているのか?もしここを把握できていないと危険かもしれません。

治療院における売上の構成には主に次の項目が上げられます。
・施術などの窓口料金
・物販による売上
・会費等の売上
など・・・

こうした中でもさらに分解をしてみると、メニュー毎の売上や商品毎の売上となっていきますが
ここでは大きなカテゴリーで見ていきます。

こうした売上の柱になっているポイントをキャッシュポイントとも言います。
治療院経営をしているとキャッシュポイントは主に施術代金のみという傾向が多くあります。
それに加えて回数券の導入もよくあります。
自費診療を導入していない治療院では保険診療一本の収入というパターンもあります。

実はこうしたキャッシュポイントが1つしかないという場合、
治療院経営において危険も伴ってくることがあります。
売上の構成ということでキャッシュポイントを増やすことの重要性と、
増やす際に大切なことについてを動画で解説していきます。

ポイントは患者さんに損をさせないこと。これはあなた自身の損にも繋がります。
ぜひ動画をチェックしてくださいね。

治療院経営で成功しているキャッシュポイントを増やすなら「けんこうラボ」もチェック
※公式サイト※

↓下記、画像をクリックすると動画を再生します。